たまプラ遺産(遊歩道)MAP

たまプラ遺産(遊歩道)MAP

【1】ABC公園 67m 112段目


大きな鉄塔のすぐ横にある美しが丘第四公園。
街ができた頃、近所に住む外国人男性が毎日清掃をされていたことから、
「英語の人がいるからABC公園だ!」と子どもたちが呼ぶようになりました。
今では第四公園というよりもABC公園という呼び名の方が住民に親しまれています。
木々に囲まれ、季節のうつろいや鳥のさえずりも楽しめる公園です。

【2】美中桜坂 70m 130段目


春には満開の桜並木になります。美しが丘中学校の生徒が部活で走るルートにもなっています。美しが丘中学校は1978年までは美しが丘小学校北分校でした。坂の長さはおよそ135メートル、標高差はおよそ7.5メートルです。

【3】富士見ポイント 83m  208段目


ここから、晴れた日には富士山、大山、丹沢の山並み、さらには南アルプスの山々まで望むことができます。美しが丘でいちばん標高が高く夕日の美しい絶景ポイントです。気象条件が揃えば富士山頂に日が沈むダイヤモンド富士、富士山頂に月が沈むパール富士を見ることもできます。

【4】美しが丘小学校  70m  130段目


人類が初めて月に降り立った年、1969年に開校。校章には「69」がデザインされています。「元気いっぱい 友だちいっぱい すすんで学ぼう 夢つくろう」をスローガンに、地域の子どもたちが学んでいます。100段階段の整備がされた2018年は美しが丘小学校創立50周年の記念の年でした。

【5】ジャブジャブ池  55m  44段目


夏の間、団地の子どもたちが水遊びを楽しむプールです。地域の大人たちの交流の場でもあり、たくさんの人のつながりや子どもたちの思い出が生まれる場所です。ここから100段階段の全景を望むことができます。

【6】100段階段  65m  100段目


2018年にヨコハマ市民まち普請の助成金を得て、地元住民と小学生の協力のもと美しが丘の標高スケールとして修景されました。階段上には2基のスツール、階段下には情報掲示プレート、ベンチ、照明が設置されました。階段は100段。標高差は17メートル。美しが丘小学校の通学路です。ここから見える自然豊かな広大な敷地に47棟の4~5階建ての低・中層棟がゆったり配棟されたたまプラーザ団地のマンション群は田園都市という名称を実感できる眺望です。

【7】クルドサック  58m  63段目


フランス語で袋小路という意味です。車の通り抜けができないように、車道がサークル状となっています。人と車の通路を分離した「ラドバーン方式」とともに「歩くための街」を体現する風景です。クルドサックの中心は緑の植え込みになっています。美しが丘には8箇所のクルドサックがあります。

【8】ユリノキ通り  50m  14段目


美しが丘の街を東西に横切るユリノキの並木道。初夏には高く茂った枝葉のなかにチューリップ型の黄色い花が咲きます。太鼓橋(陸橋)の上から、遠くまで伸びていく並木を見ることができます。
初夏のグリーンベルトの草刈り、秋の落ち葉拾いにはたくさんの住民が協力して清掃作業を行います。

 

標高:国土地理院地図/電子国土webより